縫製と部材

縫製糸もデニムと同様に、想定するジーンズの年代に合わせて色と太さを変えています。縫製にいたってはヴィンテージと同じ表情を得るために、ヴィンテージ を縫製していた時代と同じ工業パフォーマンスを持つミシンを作りました。高級なシャツのように縫製されているわけではないのに、無駄のないシルエットとデニムの光沢、一つひとつの運針が生む表情は「美しい」と形容されます。これに古いデザインを再現したオリジナルのボタン、リベットなどが組み合わされて、ウエアハウス・クオリティのジーンズが生まれるのです。