デニムについて

ウエアハウスがジーンズに使用しているデニムはコットンの産地から番手、染めに至るまで数種類あり、ジーンズの年代に合わせて使いわけています。それぞれ 想定している時代の生産背景や綿花の性質を糸の繊維レベルで研究して、オリジナルの織り糸を生産。生地を織るテンションや微妙な機械の設定をした1950~60年代の力織機を使用して、時代に合わせたセルビッチデニムを織り上げています。デニムの表情、腰の強さ、肌触り、ゴワつき感、褪色する色、そして縦落ちを完璧に再現するには、糸・染色・織りを極限までコントロールする必用があるのです。

デニム