130年前のリーフステッチを採用

19世紀のパンツのバックポケットに描かれていたリーフステッチ。これは、1870年代から1890年代にかけてのジーンズ(キャンバスパンツ)に見られ、多くのブランドのパンツで採用されています。インディゴが持つ虫除け効果をセールスポイントにするためにインディゴの葉を描いたものだと推測します。130年前に実在したリーフステッチのイメージに現代性をプラスして葉の色の「グリーン」をペイント。今までにないカラーペイントとステッチワークのミックスがエコライクでインパクトのある「BROWN DUCK&DIGGER」独自のバックスタイルを作り出します。

リーフステッチ